1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 大和市立病院、5年ぶり黒字 コロナ対応で補助金増

新型コロナ
大和市立病院、5年ぶり黒字 コロナ対応で補助金増

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年9月3日(金) 05:00

大和市立病院

 大和市立病院(同市深見西)は2020年度の事業会計決算をまとめた。

 地域の基幹病院として経営健全化の途上にあるが、新型コロナウイルス対策に関する国・県からの補助金が大幅に増えたことなどから、単年度収支で5年ぶりに黒字に転じた。

 決算書によると、20年度の収益は121億8400万円、費用は120億5700万円となり、差し引きで1億2700万円の黒字となった。

 累積赤字は79億8700万円に減少した。

入院・外来とも減少

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

大和市立病院に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング