1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 波力発電普及へ新会社設立 平塚沖で培ったノウハウ展開

波力発電普及へ新会社設立 平塚沖で培ったノウハウ展開

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年9月2日(木) 05:30

波力発電の普及に向けて意気込みを語る小川(左)、竹下両代表取締役=平塚市役所

 波力発電の商用化を推進する新企業「e─ウェーブR&D」が1日、平塚市内に設立された。平塚新港沖で行っている実証実験で培ったノウハウを生かし、全国で波力発電普及に向けたコンサルティング業務を展開する。
 
 同日、市内で設立会見した同社の小川敦代表取締役は「課題はあるが技術革新に挑戦し、将来の日本を支えたい」と意気込みを話した。

平塚から福島、そして全国へ

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

発電に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング