1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 感染データを分析・可視化・活用へ 横浜・山中市長が見解

新型コロナ
感染データを分析・可視化・活用へ 横浜・山中市長が見解

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年8月30日(月) 23:30

 任期満了に伴う横浜市長選で初当選した山中竹春市長(48)は30日、横浜市役所で就任後初の記者会見に臨んだ。新型コロナウイルス感染症対策では、データサイエンスの専門家としての経験を生かし、市内18区の感染状況を分析してデータを可視化させ、医療体制の確保に取り組む考えを示した。

 横浜市立大教授から転身した山中市長は「…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜市長選・横浜市議選に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング