1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜・海老名市、児童・生徒のパラ観戦中止 感染拡大で決定

新型コロナ
横浜・海老名市、児童・生徒のパラ観戦中止 感染拡大で決定

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年8月19日(木) 20:46

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、横浜市と海老名市は、児童や生徒に東京パラリンピックの観戦機会を提供する「学校連携観戦プログラム」への参加中止を決めた。

 神奈川県内の自治体では、両市が同プログラムへの参加を希望。県内に競技会場がないため、両市内の市立小中高校の児童生徒や保護者、付き添いの教諭など計約千人が新国立競技場(東京都新宿区)で陸上競技を観戦する予定としていた。海老名市は13日、横浜市は17日に中止を決めた。

 県によると、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング