1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 読み飛ばし、遅刻、報告遅れ… 薄れる官邸への「忠誠心」

政界の断面
読み飛ばし、遅刻、報告遅れ… 薄れる官邸への「忠誠心」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年8月12日(木) 05:00

菅義偉首相(資料写真)

 入国管理施設に収容中のスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさんが死亡した問題への法務省の対応を巡り、官邸への批判が高まっている。

 調査報告書の発表時期の遅れをたださないなど「管理不徹底ぶりが目に余る」(自民党幹部)からだ。原爆犠牲者慰霊平和式典での菅義偉首相(衆院神奈川2区)の不手際も続く中、「官僚の暴走や緩み」が与野党から指摘されている。

 「影響を考えてタイミングを計ったのでしょう」。法務省が「7月中」としていた調査報告を先送りした理由を官邸関係者は説明した。

 同関係者によると、上川陽子法相が今月10日まで発表をずらした背景には省内の進言があったという。

「官僚の言いなり」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

政界の断面に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング