1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 海老名のモスクでワクチン集団接種 外国籍市民に対応

新型コロナ
海老名のモスクでワクチン集団接種 外国籍市民に対応

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年8月1日(日) 05:30

 海老名市は31日、イスラム教礼拝所のモスク「海老名マスジド」(同市上郷3丁目)で、外国籍住民への新型コロナウイルスワクチンの接種を始めた。

 日本語が不自由だと市の集団接種の予約や接種会場に赴くことなどが難しいため、市医師会の医師や市の救急救命士らがモスクに出向き、接種を行うことになった。

 市などによると、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング