1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 菅首相は「リスクコミュニケーション不足」 尾身会長が指摘

新型コロナ
菅首相は「リスクコミュニケーション不足」 尾身会長が指摘

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年7月30日(金) 13:00

 政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長は29日の参院内閣委員会の閉会中審査で、菅義偉首相(衆院神奈川2区)の危機管理を巡り、「リスクコミュニケーションが不足している。国民から協力を得るための工夫が必要だ」と指摘した。

 立憲民主党の杉尾秀哉氏の「菅総理には危機感がまるでない」との批判に、「関係大臣などとの毎日の意見交換で政府内では危機感は共有されている」と反論。だが、「国民へメッセージがなかなか伝わらない。伝え方や内容などをしっかり立てていくべきだ」と政府の対応を促した。

野党「後付けの理屈では」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング