1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 厚木市消防職員、ドローンの操縦学ぶ 地元の空撮会社と訓練

厚木市消防職員、ドローンの操縦学ぶ 地元の空撮会社と訓練

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年7月24日(土) 12:30

厚木市消防本部がドローン操縦の専門家を招いて実施した合同訓練=同市三田の市消防訓練場

 無人機ドローンを活用した厚木市消防本部と市内の空撮会社「スカイジョブ」との合同訓練がこのほど、市消防訓練場(同市三田)で行われた。

 ドローンは被災地の捜索活動で活用が進んでおり、合同訓練は初。

 同社に所属する国内トップクラスのドローンパイロット髙梨智樹さん(22)が講師役となり、市消防の職員にドローンの操縦テクニックや運用方法などを伝えた。

 この日は、屋外に飛行コースを設定。髙梨さんが見守る中、市消防の8人が目標地点にドローンを正確に飛ばしたり、電柱の高さほどまで上昇させて搭載カメラを前方や真下に向けたりする訓練を行った。

熱海の土石流を例に

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

防災訓練に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング