1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 患者の症状、搬送先の病院にいち早く提供 鎌倉市が実証事業

患者の症状、搬送先の病院にいち早く提供 鎌倉市が実証事業

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年7月7日(水) 10:40

実証事業のイメージ。現場で入力された患者情報などを病院で確認できる(TXPメディカル提供)

 鎌倉市は8月から、救急搬送時に患者情報を専用アプリで自動入力し、搬送先の病院に提供するシステムの実証事業を始める。

 患者の症状を素早く把握して受け入れの可否を判断、搬送先の選定時間を短縮して患者の救命をより確実にすることを目指す。

音声が自動で文章に

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

実証実験に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング