1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 小田原の新施設「三の丸ホール」完成 展望室はお城一望

小田原の新施設「三の丸ホール」完成 展望室はお城一望

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月26日(土) 06:30

9月にオープンする「小田原三の丸ホール」=同市本町

 老朽化した小田原市民会館の代替施設として9月にオープンする「小田原三の丸ホール」(同市本町)が完成し、同市は25日、報道関係者向けの内覧会を行った。

 2度の計画白紙を受けた待望の新ホールは、小田原城に隣接し「展望台」として観光客らにも開放。敷地内には観光案内施設も併設し、市は「観光と文化の機能を掛け合わせ、地域ににぎわいを創出していければ」と期待を寄せる。

 三の丸ホールは地上4階、地下1階で延べ床面積約9千平方メートル。

 1962年に完成した市民会館が7月末に閉館することから、新たな文化拠点として9月5日に正式オープンする。

ホール前広場に設けられた噴水

 大ホールは市民会館と同規模の1105席。三の丸ホールの大石時雄館長は「音響環境は最高レベル。ステージと観客席の距離も近いので演者の表情もはっきりと見える」と胸を張る。

 このほか、多目的に利用できる296席の小ホールや展覧会などを開く展示室、ダンスや音楽の練習にも使えるスタジオなども設けている。

観光交流センターは?【下に写真:大・小ホール】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

小田原城に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング