1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 転居してもパートナーシップ制度継続 南足柄市と大井町が協定

#metoo #youtoo
転居してもパートナーシップ制度継続 南足柄市と大井町が協定

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月23日(水) 05:00

パートナーシップ宣誓の相互利用に関する協定を結んだ加藤修平南足柄市長(左)と小田真一大井町長=22日、南足柄市役所

 性的少数者(LGBTなど)のカップルをパートナーとして公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」を巡り、南足柄市と大井町は22日、2市町間の転居時に同制度を継続できる相互利用協定を結んだ。

 協定は、両市町が制度を導入する7月1日から実施する。

事実婚も対象に

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

性的少数者に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング