1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 神奈川の重症病床利用率が改善 19%で「ステージ2」に

新型コロナ
神奈川の重症病床利用率が改善 19%で「ステージ2」に

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月22日(火) 21:30

 新型コロナウイルス感染症を巡り、感染状況を示す指標の一つの重症病床利用率が、神奈川県内で4段階で下から2番目の「ステージ2」に改善した。

 新規感染者の減少により、病床の逼迫(ひっぱく)度合いが一定程度は緩和したとみられる。

 県内の重症病床利用率は、4月20日の「まん延防止等重点措置」の適用以降、39・70%(5月31日時点)まで上昇したが、今月21日時点では19・10%に改善。「ステージ3」の基準となる20%以上を下回った。

【下表:分科会の指標に基づく県内の感染状況】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング