1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 神奈川「まん延防止」解除の14市町 知事「収まってきた」

新型コロナ
神奈川「まん延防止」解除の14市町 知事「収まってきた」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月19日(土) 08:00

「まん延防止等重点措置」の7月11日までの延長を受け、県民にメッセージを発信する黒岩知事=18日午前、神奈川県庁

 神奈川県は18日、「まん延防止等重点措置」の対象区域として横浜、川崎、相模原、小田原、厚木、座間の6市の継続を決めた。

 一方、14市町は20日で解除する。黒岩祐治知事は「それぞれの市町村の感染状況を見ると、かなり収まっている地域がでてきた」と述べた。

 解除するのは鎌倉、大和、海老名、綾瀬、横須賀、藤沢、茅ケ崎、逗子、三浦、伊勢原、葉山、寒川、平塚、秦野の14市町。

知事「『第4波』の真っただ中」【下図:県内市町村別の新規感染者の発生状況】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング