1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 銀座クラブ問題の松本純氏ら 衆院選前の自民復党論が浮上

銀座クラブ問題の松本純氏ら 衆院選前の自民復党論が浮上

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月17日(木) 22:19

銀座のクラブを訪問した問題を巡り、謝罪する松本氏(中央)=2月1日、自民党本部

 新型コロナウイルス緊急事態宣言下の夜に銀座のクラブで飲食した問題の責任で自民を離党した松本純元国家公安委員長(衆院神奈川1区、前麻生派事務局長)ら3氏の次期衆院選前の復党論が17日浮上した。

 複数の党関係者が明らかにした。

 同問題で離党したのは松本、大塚高司(大阪8区)、田野瀬太道(奈良3区)の3氏。

 党関係者によると、二階俊博幹事長が同日、国会閉幕に合わせ麻生太郎副総理兼財務相の議員会館事務所を訪問。次期衆院選の態勢全般の意見交換の中で3氏の今後の処遇についても話題に上ったという。

「身内に甘い」懸念も

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

自民党に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング