1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 小田原市職員の在宅勤務 専用PC購入も昨年の4分の1に

新型コロナ
小田原市職員の在宅勤務 専用PC購入も昨年の4分の1に

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月16日(水) 19:50

小田原市役所

 新型コロナウイルス対策の2回目の緊急事態宣言が発出された今年1、2月の小田原市職員の在宅勤務件数が1回目の宣言が出された昨年4、5月と比べ4分の1に激減していたことが16日、分かった。

 国は民間企業にテレワーク推進による出勤数削減を求める中、市担当者は「批判はあるかもしれないが、自治体の在宅勤務は難しい」と頭を抱えている。

減った理由は?

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング