1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 土地規制法案は「基地被害者を敵視」 相模原市議ら非難

土地規制法案は「基地被害者を敵視」 相模原市議ら非難

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月9日(水) 07:00

 安全保障上重要な施設の周辺や国境離島の土地利用を規制する重要土地規制法案を巡り、市民の権利を不当に侵害するとして廃案を求める集会が8日、国会内で開かれた。

 金子豊貴男相模原市議ら基地反対運動に取り組む全国の関係者がリモートで参加。

 「基地被害者の周辺住民を、加害者の権力者が悪事を働く予備軍と敵視し、監視対象にする希代の悪法」と政府・与党の欺瞞(ぎまん)を非難した。

【下表:土地規制法案のポイント】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

安全保障体制に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング