1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 公道に全国初のEV用充電器 横浜・青葉の県道で実証実験

公道に全国初のEV用充電器 横浜・青葉の県道で実証実験

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月8日(火) 22:30

式典で、日産自動車の新型EV「アリア」に給電する林市長(手前)ら=8日、横浜市青葉区

 横浜市などは8日、電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド自動車(PHV)向けの急速充電器1基を同市青葉区しらとり台の県道140号に設置する実証実験を始めた。

 EV用充電器を公道上に設置するのは全国初。今後、中心市街地への設置を進めるにあたり、今回の実験結果を役立てたい考えだ。

 実験を行うのは、東京電力ホールディングス、中部電力、自動車各社などが共同出資してEVの充電器設置などを手掛ける「e-MobilityPower」(イーモビリティパワー)と市。

 両者は20年3月に市内のEV普及促進に向けた連携協定を締結。市内に充電インフラを拡大させるための環境を整えてきた。

公道に設置された急速充電器で充電するEV=8日、横浜市青葉区

 今回設置した急速充電器はEV2台の同時充電が可能。24時間有料で利用でき、1回当たりの充電時間は約30分。

 公道のため駐車禁止区間に当たるが、充電中のEVは2台分が駐車可能になる。

 実験は22年3月下旬までを予定している。

 林文子市長は同日開かれた実証実験開始式で「充電器の整備を大きく前進させて、EVが日常のものとなるきっかけになれば」と期待した。(三木 崇)

EV充電器が設置された公道でテープカットする林市長(左から2人目)ら=8日、横浜市青葉区
全国で初めて、公道に設置した充電のための駐車スペース=8日、横浜市青葉区

電気自動車に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング