1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 20年の鎌倉・観光客数、過去最少に コロナ直撃、6割減

20年の鎌倉・観光客数、過去最少に コロナ直撃、6割減

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月8日(火) 05:50

小町通り=2021年3月20日午後、鎌倉市小町

 鎌倉市は7日、2020年の延べ入り込み観光客数が推計約738万人で、1963年の統計開始以来、過去最少だったと発表した。

 前年比約6割減と、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた結果となり、初めて1500万人を下回った。

 市は毎年、各寺社や市内の美術館や博物館、海岸など12種類の入り込み観光客数を調査している。

 これまでの最少は調査を開始した63年の約1562万人だった。

 今回は鎌倉大仏殿高徳院や建長寺といった15カ所の各寺社が計約190万7千人(62・9%減)、鎌倉文学館が約2万8千人(67・5%減)、鶴岡八幡宮が約430万人(58%減)。

 材木座・由比ケ浜の2海岸は約60万5千人(71・2%減)、天園ハイキングコースで約3万5千人(79・5%減)などと軒並み大幅減だった。

 海水浴場は開設しなかったが、7~8月の46日間の材木座・由比ケ浜・腰越の3海岸の海水浴客数は約9万7千人だった。

緊急事態で9割減【下表・鎌倉の観光客数の推移】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

観光客数に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング