1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 鎌倉で海の安全、準備進む 海水浴場断念、砂浜飲酒ノー

鎌倉で海の安全、準備進む 海水浴場断念、砂浜飲酒ノー

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月7日(月) 20:06

海水浴場が開設されなかった昨年夏の鎌倉市の由比ケ浜海岸

 昨夏に続き海水浴場開設を断念した神奈川県鎌倉市は、今夏の海岸のマナーや安全対策徹底に向けた準備を進めている。

 昨夏、由比ケ浜海岸でクルーザーが遊泳客のそばを航行した問題を踏まえ、遠方から注意ができるよう放送設備付き監視所を設置する。11日開会の市議会6月臨時会には、今夏の海岸で砂浜での飲酒などをしないよう呼び掛けるマナー条例改正案を提出する。

 海水浴場を開設しなくても夏の海岸には多くの来訪が予想され、安全対策やマナーの徹底が課題だ。

 昨夏は由比ケ浜海岸の遊泳客の近くで50代男性が全長13・5メートルのクルーザーを航行する問題が発生。男性は県迷惑行為防止条例違反(水浴場等における危険行為)の疑いで、湘南海上保安署に書類送検され、不起訴処分となった。

マナー条例改正案は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

海水浴場に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング