1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. LGBT理解増進法案 菅首相「対応は党執行部に一任」

LGBT理解増進法案 菅首相「対応は党執行部に一任」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月7日(月) 19:48

参院決算委員会で立憲民主党の福山哲郎幹事長(手前)の質問に答弁する菅義偉首相=7日午後、国会内

 菅義偉首相(自民党総裁、衆院神奈川2区)は7日の参院決算委員会で、自民党が今国会への提出を断念する意向を示しているLGBTなど性的少数者への理解増進を図る法案について「法案の対応は党執行部に一任している。国民との約束を果たすよう党でしっかり取り組んでいく」と述べた。

 質問した立憲民主党の福山哲郎幹事長は「全くお答えいただけなかった。極めて、極めて残念だ」と語った。

 同法案を巡っては、与野党の実務者が、目的と基本理念に「差別は許されない」との文言を追加する修正で合意。全会一致で今国会で成立を目指すとしていた。

 ただ、自民党内で一部の保守派から異論が出て、党三役が今国会への提出の見送りを決めた。

認識問われた首相は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

菅義偉(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング