1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 神奈川県、五輪50日前の装飾見合わせ 「お祭り感」出せず

新型コロナ
神奈川県、五輪50日前の装飾見合わせ 「お祭り感」出せず

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月3日(木) 23:14

東京五輪開幕まで「あと50日」を知らせるカウントダウンボード=県庁

 東京五輪開幕まで50日となった3日、神奈川県は機運醸成に向けて行う予定だった横断幕などの装飾(シティドレッシング)を当面見合わせることを明らかにした。

 新型コロナウイルスの収束が見通せない中、開催を疑問視する声も多いだけに、県は「今、『お祭り感』を出すのは難しい」と準備に頭を悩ませている。

県庁の渡り廊下に掲出された東京五輪のドレッシング(装飾)=横浜市中区日本大通

 県は4日から歩道橋や道路照明灯に五輪開催を盛り上げる横断幕やフラッグを順次掲出する予定だったが、県内で「まん延防止等重点措置」が続いていることなどから見合わせることを決めた。

 県庁本庁舎外柵を大会エンブレムで装飾したり、江ノ電車内に子どもたちが描いた応援ポスターを掲出したりする予定もあるが、感染状況を踏まえて時期を調整している。 

否定的な声相次ぐ

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング