1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 相模原市初の景観形成重点地区に「市役所前さくら通り」

相模原市初の景観形成重点地区に「市役所前さくら通り」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月2日(水) 12:19

相模原市が景観形成重点地区に指定する「市役所前さくら通り」では毎春、市民桜まつりが開かれ、多くの市民が訪れる=相模原市中央区

 相模原市は、資源を生かした景観づくりに取り組むため、中央区の「市役所前さくら通り」を市内初となる景観形成重点地区に指定すると発表した。

 さくら通り(約1・5キロ)は市を代表する桜並木で、1950年代に植樹された約300本のソメイヨシノが並んでいる。

 毎春「市民桜まつり」が開かれ、市民の憩いの場にもなっている。

統一感ある景観へ

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

景観に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング