1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. さらなるネット対策を 川崎市協議会「被害者は対処不可能」

時代の正体 差別のないまちへ
さらなるネット対策を 川崎市協議会「被害者は対処不可能」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年6月2日(水) 10:00

 条例に基づき、差別をなくす施策の在り方を審議する川崎市人権尊重のまちづくり推進協議会(会長・建石真公子法政大教授)は5月31日夜、2021年度最初の審議を行い、市が取り組むべき人権課題について論じ合った。市内に多く暮らす在日コリアンが標的とされていることや被害の深刻さを踏まえ、インターネットを悪用した人権侵害をテーマに推す声が委員から上がり、意見が交わされた。

 20年度の答申では、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

差別に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング