1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 小田原市、再エネ拡大へ地域電力網 京セラなどと実証実験

小田原市、再エネ拡大へ地域電力網 京セラなどと実証実験

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月31日(月) 10:40

小田原こどもの森公園わんぱくらんどに設置された太陽光発電パネル(小田原市提供)

 自然再生エネルギーを活用し、災害時にも地域単独で電力を自給自足できる「地域マイクログリッド」の実現を目指し、小田原市は民間事業者と連携した実証実験を始めた。

 小田原こどもの森公園わんぱくらんど(同市久野)に太陽光発電設備などを設置。

 既存の電線網を活用した構想は同市を含め全国3例のみで、自然エネルギー導入拡大と電力の安定供給に向けて守屋輝彦市長は「地域から変革を起こし、カーボンニュートラルを目指す」と意気込む。

太陽光とEV活用

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

再生可能エネルギーに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング