1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 海老名のワクチン接種、救急救命士参加へ 打ち手不足に対応

新型コロナ
海老名のワクチン接種、救急救命士参加へ 打ち手不足に対応

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月29日(土) 05:00

 新型コロナウイルスワクチンの打ち手不足に対応するため、政府が検討している救急救命士の活用について、海老名市は28日、市消防の救急救命士が接種に参加する方向で準備を進めることを明らかにした。

 市消防の救急救命士24人に、打ち手として必要な研修を受けてもらい、制度が整い次第、ワクチンの打ち手として参加してもらう。

 同日の定例会見で内野優市長は、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング