1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市会・清水氏、全国市議会議長会の会長就任

横浜市会・清水氏、全国市議会議長会の会長就任

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月27日(木) 05:00

全国市議会議長会の会長就任を菅義偉首相に報告した清水富雄氏(左)=首相官邸(横浜市会提供)

 横浜市は26日、清水富雄市会議長(65)=自民党・無所属の会=が全国市議会議長会の第64代会長に選任された、と発表した。

 任期は2023年に開かれる全国市議会議長会の定期総会で次期会長が選任されるまでの2年間。

 横浜市会議長からは平成以降4人目で、13年から15年にかけて第60代会長を務めた佐藤祐文氏=自民党・無所属の会、港北区=以来となる。

 全国市議会議長会は現在815(792市、23区)の議会議長で組織。全国市長会などとともに国など関係各方面に対して積極的な要請行動を展開している。

 清水氏は西区選出で現在7期目。市会運営委員会委員長、自民党市議団副団長などを歴任。開会中の市会第2回定例会で第51代市会議長に選出された。

 清水氏は神奈川新聞社の取材に「責任の重大さに身の引き締まる思い。横浜市会には全国市議会議長会の会長職を務められた先輩方がいる。多くの方たちの豊富な経験や情報をいただきながら、地方自治発展のために頑張りたい」と抱負を語った。(三木 崇)

菅首相から「頑張れよ」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜市会に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング