1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 緊急事態宣言「発令遅く、解除早い」に、首相「適切に判断」

新型コロナ
緊急事態宣言「発令遅く、解除早い」に、首相「適切に判断」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月20日(木) 06:00

菅義偉首相(資料写真)

 菅義偉首相(衆院2区)は19日、社会保障制度改革を巡る参院本会議での論戦に臨んだ。

 高齢者への医療費負担増について野党から「コロナ禍で進める話ではない」と追及されたが、「若い世代の負担軽減も必要だ」と応戦。「男性にも1カ月以上の育児休業を取得してもらう社会にしたい」と抱負を述べた。

 「遅きに過ぎる発令、早過ぎる解除。総理就任以来、繰り返されてきた失政の責任をどう取るのか」。

 立憲民主党の石橋通宏氏からは緊急事態宣言を巡る姿勢をただされた。

 「その時々に適切に判断し対応してきた。今はワクチン接種を進めていくことが責務だ」と反論した。

五輪「ファイザー社から・・・」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

菅義偉(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング