1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市会 議長に清水氏、副議長に高橋氏

横浜市会 議長に清水氏、副議長に高橋氏

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月19日(水) 08:00

 横浜市会第2回定例会の本会議が18日開かれ、新しい議長に自民党・無所属の会の清水富雄氏(65)=西区、7期=を、副議長に公明党の高橋正治氏(61)=緑区、5期=を選出した。

 正副議長は選出後、会見などで決意を表明。清水議長は「議会の政策立案機能を十分に発揮し、行政とともに豊かな市民生活や地域の活性化を実現したい」と抱負を述べた。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)を巡る今後の議論に関しては「公平公正な立場で慎重に進めていきたい。議論を尽くすことがとても大事な要素になってくる」と強調した。

副議長に選出された高橋正治氏

 高橋副議長は、少子高齢化が進む大都市の課題に向き合う中で「医療福祉や子育て環境の充実も求められている」と指摘。「災害への備えや地球温暖化による気候変動は避けて通れない。脱炭素社会への取り組みも求められる」とした上で、「二元代表制の一翼を担う議会として、安心安全で快適な市民生活の実現に責任をしっかりと果たしたい」と気を引き締めていた。

清水議長「デジタル化を推進」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜市会に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング