1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 小田原市、ワクチン「7月完了」に前倒し 国の意向に押され

新型コロナ
小田原市、ワクチン「7月完了」に前倒し 国の意向に押され

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月14日(金) 22:10

地元の医師会関係者を招き行われた小田原市の集団接種シミュレーション=4月25日、市保健センター

 新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、小田原市は14日、高齢者への接種が完了する見込み時期を8月から7月に1カ月、前倒しする計画を発表した。7月中の完了を求める国の強い意向に押された形。

 当初は6月中旬開始予定だった個別接種も市立病院で5月中に先行し、そのほかの病院でも6月8日からスタートする。

 市によると、市内の65歳以上は約5万9千人で11万8千回分の接種を見込む。

 これまで届いた9千回分のワクチンを含めて、7月上旬までに確保するめどが立ったことからスケジュールの前倒しを決めた。

通院の高齢患者から先行

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング