1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 神奈川県教委、生理用品の無償配布検討へ モデル校で試行

#metoo #youtoo
神奈川県教委、生理用品の無償配布検討へ モデル校で試行

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月13日(木) 05:20

神奈川県庁

 金銭的な理由で生理用品を買えない「生理の貧困」を巡り、神奈川県教育委員会は12日の県議会文教常任委員会で、県立高校での生理用品の無償配布を検討する考えを明らかにした。

 これまで「貸し出し」という形で保健室で生徒に提供してきたが、周囲の目を気にせずに使ってもらえるよう、トイレ内に備え付けることなどを含めて検討する。

 今後、数校を選定してモデル的に試行したいという。

 県教委保健体育課によると、県立の高校や特別支援学校など188校に3月、聞き取り調査を実施。平均で1校当たり年間40個を提供していた。貸し出しという形を取るが、返却されるケースは少ないという。

試行でニーズ把握

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

トイレに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング