1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 川崎市の待機児童、4年ぶりゼロ 保育所整備、コロナも影響

川崎市の待機児童、4年ぶりゼロ 保育所整備、コロナも影響

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月12日(水) 11:35

 川崎市は11日、4月1日現在の保育所待機児童数が前年同期に比べ12人減り、4年ぶりにゼロになったと発表した。申請者や利用児童は過去最多だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で保留児童数が大きく減少。保留児童に対する多様な保育施策の案内を徹底するなどして達成した。

 市によると、利用申請者は…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

待機児童に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング