1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 厚木市、電気自動車のごみ収集車導入へ 焼却場余熱で充電

厚木市、電気自動車のごみ収集車導入へ 焼却場余熱で充電

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月11日(火) 11:40

協定を結んだ(左から)三菱ふそうトラック・バスのハートムット・シック社長、厚木市の小林常良市長、新明和工業の小田浩一郎常務執行役員=厚木市役所

 厚木市は10日、ごみ収集車に電気自動車(EV)を導入するため、三菱ふそうトラック・バスと新明和工業の2社とEVの開発・普及に関する協定を結んだ。2021年度から導入して、将来的には計3台の収集車をEVにする方針。

 ごみ焼却場の余熱で発電した電力を活用することで、二酸化炭素(CO2)の排出抑制など環境面の効果を期待する。

 同日、市役所で小林常良市長と三菱ふそうトラック・バスのハートムット・シック社長、新明和工業の小田浩一郎常務執行役員が協定書を取り交わした。

1回の走行距離は?

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

電気自動車に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング