1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. ワクチン接種7月完了 川崎市長「あらゆることやらないと」

新型コロナ
ワクチン接種7月完了 川崎市長「あらゆることやらないと」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月10日(月) 22:15

福田紀彦市長(資料写真)

 川崎市は10日、75歳以上を対象にした新型コロナウイルスワクチンの「個別接種」を始めた。

 菅義偉首相は65歳以上への接種を「7月中に完了」するとの方針を打ち出すが、実現は極めて厳しいのが実情だ。

 福田紀彦市長は「現場は非常に厳しい」と吐露、「あらゆることをやらねばとても追い付かない」とする。

 市は10日からの1週間で、市内約230カ所(約8千回分)の協力医療機関で個別接種を実施予定。11日には集団接種も始めるが、7月中の完了には個別・集団ともに機会を増やすことが必要という。

「文句言いたくないが・・・」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング