1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 地域で自宅療養見守る「神奈川モデル」、11日から鎌倉でも

新型コロナ
地域で自宅療養見守る「神奈川モデル」、11日から鎌倉でも

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月10日(月) 21:00

神奈川県庁

 神奈川県は10日、新型コロナウイルスに感染した自宅療養者を地域の医師や看護師らが見守る「地域療養の神奈川モデル」について、鎌倉市で11日から事業を開始すると発表した。藤沢市に次いで2例目となる。

 鎌倉市医師会と地元を拠点に活動する訪問看護ステーションが連携。

 入院待機者や血中酸素飽和度が95%以下になった療養者らを対象に、看護師が電話による健康観察を毎日実施し、必要に応じて訪問看護を行う。

 医師の診断が必要とされた場合は、医師会所属の医師がオンライン診療や入院調整に当たる。

先行する藤沢での実績は?

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング