1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. パートナー制度、神奈川12市町が導入 14市町でも検討

#metoo #youtoo
パートナー制度、神奈川12市町が導入 14市町でも検討

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月9日(日) 00:52

 性的少数者(LGBTなど)のカップルをパートナーとして自治体が認める「パートナーシップ制度」を巡り、神奈川県内33市町村のうち、12市町が今年4月までに制度を導入し、ほか14市町で導入を検討していることが、神奈川新聞社の調査で分かった。

 2018年夏の調査では、2市が検討中としたものの、導入自治体はゼロだった。

 多様な性の尊重に対して、自治体の意識が飛躍的に高まっている傾向が浮かび上がった。

【下図:県内自治体のパートナーシップ制度導入状況】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

性的少数者に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング