1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. やまゆり園採火式を撤回表明 市長「寄り添う気持ち足りず」

東京パラリンピック
やまゆり園採火式を撤回表明 市長「寄り添う気持ち足りず」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月8日(土) 05:00

津久井やまゆり園での採火式実施の方針を撤回すると表明した相模原市の本村賢太郎市長=相模原市役所

 相模原市の本村賢太郎市長は7日、臨時記者会見を開き、2016年7月に入所者ら45人が殺傷された県立の知的障害者施設「津久井やまゆり園」(同市緑区)で東京パラリンピックの採火式を8月に行うとの方針を撤回し、採火場所を変更すると表明した。

 本村市長は「遺族や被害者家族に寄り添う気持ちが足りず、事前に説明することなく採火場所の公表に至ったことをおわびする」とあらためて陳謝した。その上で「幅広い理解を得て実施することは難しいと判断した」と撤回の理由を説明した。

新たな場所、6月決定へ

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング