1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 三浦縦貫道路接続の市道、歩道拡幅へ 児童・生徒の安全確保

三浦縦貫道路接続の市道、歩道拡幅へ 児童・生徒の安全確保

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月3日(月) 05:00

拡幅される歩道(奥)。電柱のある場所は特に狭い=三浦市初声町下宮田

 三浦市は2021年度、延伸された三浦縦貫道路の高円坊入口に接続する市道14号と周辺の改良工事を行う。

 延伸に伴う交通量の増大で児童・生徒の交通事故を心配する学校関係者や保護者の声を受け、約3千万円を投じて歩道や周辺市道を拡幅して安全を確保する。

 横浜横須賀道路衣笠インターチェンジとつながる三浦縦貫道路は昨年8月、横須賀市林から三浦市初声町高円坊までの2期北側区間約1・9キロが開通し、市道14号と接続した。

 延伸後の14号の交通量について具体的なデータはないが、近くの初声小学校の八巻貞司校長は「特に休日は交通量がかなり増え、直線道路なのでスピードも出している」と話す。

【下に地図:三浦市道14号周辺の改良工事】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

三浦縦貫道路に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング