1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 東北発の再エネ拡大 横浜市内、25事業者が導入

東北発の再エネ拡大 横浜市内、25事業者が導入

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年5月1日(土) 15:00

脱炭素化に向けて行われた岩手県軽米町と横浜市の再生可能エネルギー受給開始式=26日、市役所

 2050年までの脱炭素化「Zero Carbon Yokohama」を掲げる横浜市で、東北地方で発電される再生可能エネルギー(再エネ)を導入する事業者が増えている。

 4月26日までに市内の25事業者が東北の風力発電所を指定して電力供給を受けており、市は広域連携を進めることで、温暖化ガスの排出削減を加速させたい考えだ。

東北3町の物産展も

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

再生エネルギーに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング