1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 「脱炭素」実現へ官民連携 藤沢で研究会、会長に多摩大教授

「脱炭素」実現へ官民連携 藤沢で研究会、会長に多摩大教授

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年4月30日(金) 05:00

 2050年までに二酸化炭素(CO2)排出実質ゼロ(ゼロカーボン)の実現へ向け、産業界や学識者らで構成する藤沢市地球温暖化対策研究会がこのほど、発足した。鈴木恒夫市長が2月、気候非常事態宣言を表明したことを受け、事業者などの取り組みや課題を調査研究し、具体的な対策の実行につなげる。

 同研究会には、藤沢商工会議所の…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

地球温暖化に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング