1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 新フェリー計画 横須賀市が説明会 事業者「納得できない」

新フェリー計画 横須賀市が説明会 事業者「納得できない」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年4月29日(木) 06:20

横須賀港の新港ふ頭

 7月に就航する横須賀港新港ふ頭(横須賀市)─北九州港(北九州市)を結ぶフェリー定期航路計画を巡り、横須賀市は28日、横須賀新港で現場説明会を開いた。

 自動車運搬船の船会社や港運事業者ら約20人が参加。

 市は新たに完成したフェリー接岸時の衝撃をやわらげる防舷材の仕様や今後設置される車路の位置、ソーラスフェンスやゲートの配置などを説明した。

 事業者からは「なぜ事業者側がフェリー側の都合に合わせなくてはいけないのか」、「フェリー就航で事業面で新たな金銭負担が必要になった場合、どこが負担するのか」といった質問があり、市は「費用負担についてはここでは答えられない」などと回答した。

 横須賀港運協会の鈴木稔会長は「説明は納得いかない。市にきちん対処してもらうよう今後も訴えていく」とした。(尹 貴淑)

相模運輸倉庫が提訴

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横須賀港に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング