1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 多摩川逆流防止へ 川崎市、4カ所に「ポンプゲート」整備へ

減災
多摩川逆流防止へ 川崎市、4カ所に「ポンプゲート」整備へ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年4月26日(月) 05:00

阿武隈川で稼働しているポンプゲート(国交省福島河川国道事務所郡山出張所提供)

 川崎市は、多摩川の水位上昇による排水樋管への逆流防止に向け、新たに「ポンプゲート」を整備する方針を明らかにした。

 2019年10月の台風19号で生じた浸水被害を教訓に、中原、高津区の4カ所に設置する方向。

 下流部へのポンプ場新設も検討し、中長期的な浸水被害軽減策として取り組みを進めていく。

 ポンプゲートは、河川の水位が上昇した際にゲートを閉めて河川水の逆流を防ぎ、ポンプによって多摩川に排出する仕組み。整備に必要な用地を最小限に抑えられるほか整備の費用や期間も短いため、「早期に効果を発揮することができる」としている。

宮内、諏訪、二子、宇奈根に設置想定

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

台風に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング