1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. ピーク時の30年ごろに160万人超 川崎市が将来人口推計

ピーク時の30年ごろに160万人超 川崎市が将来人口推計

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年4月23日(金) 06:00

川崎市役所

 川崎市は22日、2030年ごろに迎えるピーク時の市内人口について、160万3千人となる見通しだとする将来人口推計を公表した。
 
 17年公表の前回推計より約1万6千人増加し、特に生産年齢(15~64歳)の伸びが大きいという。

 超高齢社会を迎える時期は、5年後ろ倒しの25年ごろになる見込みだ。

 市議会総務委員会で報告した。

 推計は、本年度に策定する市総合計画第3期実施計画に向けて実施。前回推計に、15年の国勢調査結果や大規模住宅系開発などの人口動態を加味して予測した。

年少はすでにピーク

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

人口に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング