1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜・本牧市民プール再整備 流れるプール、キャンプ場も

横浜・本牧市民プール再整備 流れるプール、キャンプ場も

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年4月22日(木) 20:09

事業者が提案した「本牧市民プール」の再整備イメージ(横浜市提供)

 横浜市は21日、老朽化に伴い営業を休止していた本牧市民プール(横浜市中区)の再整備事業者に馬淵建設(同市南区)グループを選んだ、と発表した。

 流れるプールとウオータースライダーが常設されるほか、キャンプ場を新たに併設。

 2023年7月上旬の供用開始を予定している。

 市によると、昨年7月に入札公告を実施し、民間資金を活用した社会資本整備(PFI)方式で建設・運営などを行う事業者を募集。市民間資金等活用事業審査委員会での審査を踏まえ、馬淵建設を代表企業とした8社による企業グループを落札者として決定した。

 落札金額は約26億円。

【下に画像複数:本牧市民プールの再整備イメージ】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

再整備・再開発に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング