1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 南足柄市の広報誌 広告費を活用、全戸配布へ

南足柄市の広報誌 広告費を活用、全戸配布へ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年4月20日(火) 11:30

「きんたろう便」の配布イメージ(南足柄市提供)

 市政情報の発信力強化や自治会の負担軽減に向け、南足柄市は官民連携で、市広報誌を全戸配布する「きんたろう便」を始める。ポスティング費用を民間企業の広告を募って賄う。市は「より多くの市民に必要な情報を届けたい」としている。

 28日から配布されるのは「広報みなみあしがら」「みなみあしがら議会だより」「社協みなみあしがら」のほか、市からの重要なお知らせなどの配布物。企業の広告とともに各世帯のポストに配られる。

 市によると、これまで広報誌などは各自治会を通じて各家庭に配布。ただ、自治会の加入率は昨年10月時点で68・1%で、市内全約1万6600世帯のうち、自治会未加入の約5300世帯に配布できていなかった。配布事務を担う自治会の負担も課題だった。

近隣からも問い合わせ

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

広報紙に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング