1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 公立小「35人学級」準備急ぐ県内自治体 導入の費用は増大

公立小「35人学級」準備急ぐ県内自治体 導入の費用は増大

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年4月5日(月) 05:00

2棟目のプレハブが建設される予定の平塚市立みずほ小学校校庭=同市北金目

 2021年度から公立小学校で、学年ごとに順次導入される「35人学級」を巡り、神奈川県内の自治体は教室や教員の確保を進めている。

 学級の上限人数の引き下げに伴い、学級数が増加するためだ。

 きめ細かい指導の実現を目的とする施策で、国の計画を前倒しして導入する動きもある。

 関連費用を計上した各自治体の当初予算は成立し、4月から本格的に始まる。

「国が財政措置を」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

小学校に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング