1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 平塚市初の病児保育施設オープン 医師と連携、診療所も

平塚市初の病児保育施設オープン 医師と連携、診療所も

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年4月1日(木) 12:25

病児保育室を案内し、意気込みを語る髙野施設長(左)=平塚市松風町

 平塚市に4月1日、病気療養中で保育所などを利用できない子どもを一時的に預かる病児保育施設「麦・もんもん病児保育室」がオープンした。

 市内で初めての病児保育所で、2階建て施設の1階に小児科診療所が入居し、子どもの容体が悪化しても迅速に医師の診察を受けられるのが特徴という。

 市内の社会福祉法人「徳栄会」が運営する。

2階の保育室は

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

病児保育に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング