1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 納品書を業者に偽造させる 横浜市立小事務職員を停職3カ月

納品書を業者に偽造させる 横浜市立小事務職員を停職3カ月

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年3月31日(水) 05:00

 横浜市教育委員会は30日、市立中学校勤務時に購入していない物品の納品書を業者に偽造させるなど不適切な経理処理を行ったとして、市立小学校の男性事務職員(64)を停職3カ月の懲戒処分とした。

 市教委によると、男性事務職員は市立上の宮中学校(鶴見区)に勤務していた2018年8~10月の間に計3件、校長への発注伺いを作成せずに物品を発注し、公費で購入。納品書は虚偽の内容を記載した校長への提出用を含め、2通づつ業者に作成させていた。

 発注した計約80万円分の物品のうち、納品書通りに納品されたと思われるのは約26万円分のみ。残り約54万円分は、…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

懲戒処分に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング