1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市会、本会議でもIR誘致推進費計上の予算案可決

IR考
横浜市会、本会議でもIR誘致推進費計上の予算案可決

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年3月23日(火) 22:00

2021年度当初予算案を押しボタン式で採決する市議=23日、横浜市会本会議場

 横浜市会第1回定例会は最終日の23日、本会議を開き、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致推進事業費3億6千万円を含む総額2兆73億円の2021年度一般会計当初予算案など44議案を可決・同意し、閉会した。

 予算案を巡る討論では、自民党・無所属の会の大桑正貴氏と公明党の髙橋正治氏が賛成討論。大桑氏は「苦しい状況でも未来を見据えた意欲的な予算案」と総括し、IRについてはアフターコロナを見据え「未知の価値を持つ新しい結合が生まれる中核となるよう進める必要がある」とした。

 一方、反対討論では立憲・無所属フォーラムの藤崎浩太郎氏、共産党の大貫憲夫氏、無所属の豊田有希氏が登壇。藤崎氏は「コロナ禍でリスクが大きくなったのに、市民に説明するつもりがないのは問題」として、十分な情報開示と市民の合意を得るべきと訴えた。大貫氏は「コロナの影響でカジノが斜陽産業化したことを無視している」などと指摘し、IRによる経済効果について疑問を呈した。

採決前に2人退席

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

カジノ・リゾート施設(IR)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング