1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 住民投票否決、なのになぜ同じ質問ばかり 横浜市長気色ばむ

IR考
住民投票否決、なのになぜ同じ質問ばかり 横浜市長気色ばむ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年3月20日(土) 05:00

横浜市会の林文子市長(資料写真)

 議会で議決されたのに、なぜ同じ質問を繰り返すのか─

 横浜市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)を巡り、19日の市会予算第一・第二特別委員会連合審査会(総合審査)で、荻原隆宏氏(立憲・無所属フォーラム)の質問に対し、林文子市長が気色ばむ一幕があった。

 荻原氏は、市民団体が直接請求したIR誘致の賛否を問う住民投票条例案に、林市長が「意義を見いだしがたい」などと否定的な意見を付けて1月の市会臨時会に提出したことを批判。

声荒げ「理解できない」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

カジノ・リゾート施設(IR)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング