1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 神奈川県、ワクチン44箱の市町村配分量を公表

新型コロナ
神奈川県、ワクチン44箱の市町村配分量を公表

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年3月11日(木) 21:05

コロナワクチンのバイアルが詰められている箱

 高齢者向けの新型コロナウイルスワクチンについて、神奈川県は11日、市町村への配分量を発表した。

 4月19日の週までに県内に届く44箱は、高齢者施設の入居者数に応じて17市に配分。このうち、最初に届く同5日の週の4箱は横浜市に2箱、川崎市、相模原市に各1箱を配分する。

 政令市3市では同12日以降に接種が開始される見通し。他の17市は、藤沢、横須賀、大和、鎌倉、厚木、秦野、海老名、伊勢原、平塚、茅ケ崎、小田原、三浦、座間、綾瀬の各市。

 

わずか1%分【下表:高齢者向けワクチンの配分量】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ワクチンに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング